アトピーでも飲めるサプリ!副作用と解決法のまとめ

アトピーでも飲めるサプリ!副作用と解決法のまとめ

アトピーに合わない服素材には何がある?

アトピーに合わない服素材には何がある?

私は子供の頃からアトピー性皮膚炎を持っており、年齢を重ねるにつれて上手な付き合い方を身につけてきました。

現代の医療ではアトピー性皮膚炎は完治することができない皮膚疾患のため、自分自身で上手に付き合っていくことにより、症状をコントロールすることが可能です。

アトピー性皮膚炎に支配されるのではなく、自分自身の力でアトピー性皮膚炎をコントロールすることで、今より快適な生活を送ることができます。

そこで今日は、アトピー性皮膚炎と服の素材についてお話ししたいと思います。

一般的に洋服を選ぶ際には、デザイン、値段、機能性などを考えながら購入しますよね。
しかし、アトピー性皮膚炎の人はさらに服の素材をチェックすることが大切です。

というのも、アトピー性皮膚炎は衣類の摩擦により症状が悪化してしまいます。

例えばアトピー性皮膚炎の方が1番肌に負担をかけない服の素材は綿です。

綿は通気性が良く、さらに肌の保湿性にも優れていることからアトピー性皮膚炎の方には1番お勧めの素材となります。
できることなら綿100%の洋服を選ぶことで、皮膚への刺激を最小限に抑えることが可能です。

そして、デリケートな下着類などに最適な素材はシルクです。
シルクは綿よりも肌にやさしく、通気性も兼ね備えているため、できることなら肌に常に直接触れている下着類はシルクを選ぶことがオススメです。

最近では綿にも種類があり、肌が弱い方にはオーガニックコットンが注目されています。

オーガニックコットンは化学薬品を一切使っていない素材で作られているため、肌に優しくアトピー性皮膚炎の方には大変おすすめできる素材です。
しかしコストパフォーマンスが悪いのと、なかなか入手できないという難点があります。

そして、アトピー性皮膚炎の人が最も避けたい服の素材はポリエステルです。

基本的にポリエステルはどんな服にも含まれており、ポリエステルが配合されていない洋服を探す方が難しいかもしれません。

しかしポリエステルは通気性が悪く、さらに肌に直接触れることにより刺激を起こす場合があるため、特に下着などにポリエステルが配合されているものは極力使用しないことがおすすめです。

また、これからの季節はとても寒くなるため、ウール素材の洋服を購入したくなる方も増えると思います。

ウールのセーターなどを着用する際には、必ずその下に肌着等を身に付けて直接肌に触れないように気をつけてください。

コートなどは問題なく使えますが、顔の皮膚などに直接当たらないように努力すると、さらに肌への負担は軽減できます。

アトピー性皮膚炎の方にとって最も避けたいのが摩擦や刺激です。

服の素材ばかりにこだわってしまうと可愛い洋服を買いづらくなってしまうので、100%避けた方が良いとは言いません。

肌に直接触れないような努力を行うことで、どんな服素材にも対応できるようになります。

注意点をしっかりと把握しながら、皮膚を保護してファッションを目一杯楽しんでくださいね!

u

 

タグ : 

アトピー対策

この記事に関連する記事一覧