アトピーでも飲めるサプリ!副作用と解決法のまとめ

アトピーでも飲めるサプリ!副作用と解決法のまとめ

アトピーで痒くて眠れない時は冷やすと良いって本当?

アトピーで痒くて眠れない時は冷やすと良いって本当?

季節はあっという間に冬本番となり、朝晩はとても冷え込むことが増えてきました。

こんな季節は暖かい布団の中でぬくぬくと眠っていたいですよね。

でも、私は昔からこの季節は少し苦手です。

その理由は布団に入って体が温まることにより体中がかゆくなることが増えるからです。

子供の頃からアトピー性皮膚炎を持っていて、特に布団に入ってからかゆみを発症することが多く見られました。

なるべく掻かないようにと一生懸命努力しても、やはりかゆみは我慢できなくなり、かきむしって出血してしまったり体液が出てしまうことも少なくありません。

このようなアトピー性皮膚炎の症状には対症療法としてステロイドや飲み薬を服用することが効果的だとされていますが、それでも100%かゆみを防ぐ事は難しいため、体がかゆくてなかなか寝付けないことも多いのが現状です。

私はそんな時に、痒みが強い部分は冷やすようにしています。

冷やすことにより一時的に痒みがおさまるからです。

今までに冷やす以外にも叩いてみたり、包帯を巻いてみたり、絆創膏をつけてみたりといろんな方法を試してきましたが結果として1番効果的だったのは冷やすことです。

なぜ冷やすことによりかゆみが軽減されるのか不思議に思う方もいるかもしれませんが、患部を冷やすと血管を収縮させて皮膚の痒みを軽減することができます。

例えばお風呂に入ると急に体が痒くなることってありますよね。

これは血管が拡張することにより引き起こされます。

逆に冷やすと血管は収縮するため、かゆみは自然と抑えることができます。

では、かゆみを抑えるために冷やすことについてご紹介していきましょう。

一般的に冷やす時に用いられているのは保冷剤です。
アイスクリームを買った時などについてくる保冷剤で構わないのですが、気をつけたいのはそのまま直接肌に当てることです。

もともとアトピー性皮膚炎の人は通常の肌質の方と比較するととても敏感になっており、ちょっとしたことで炎症を引き起こしやすい状態になっています。

そのため保冷剤を使って肌を冷やすときには直接当ててしまうと刺激が強すぎるため、タオルやハンカチなどを巻いて直に保冷剤が当たらないように気をつけてください。

保冷剤だと刺激が強すぎる場合には、濡らしたタオルを冷蔵庫や冷凍庫などに入れておき、それを直接巻きつけるのも効果的です。

1番悪いのは氷などを直に当てることですが、この方法は肌に刺激が強すぎるため絶対にオススメできません。

また、冷えピタ等の貼るタイプのものもかゆみを引き起こしている時は逆に炎症を引き起こす可能性があるので控えたほうが良いでしょう。

本来はかゆみが出てからこのように対処するのではなく、日頃の日常生活からかゆみが出ないような工夫をしていくことが1番大切です。

体内環境を整えて症状を発症しないようにするためには、栄養補助として販売されているアレルナイトプラスも効果的ですね。

アレルナイトプラスは、50株以上の中から選ばれた植物性乳酸菌と6つの成分を同時に補給できるハーブやアミノ酸。

さらに美容に効果的なビオチンとビタミンB群を配合しているため、体の中からアレルギーを発症しにくい体質へと導いてくれますよ。

口コミ評価も高いですね。
アレルナイトプラスの口コミ効果!アトピー改善の理由

us

 

タグ :  

アレルナイトプラス

この記事に関連する記事一覧