アトピーでも飲めるサプリ!副作用と解決法のまとめ

アトピーでも飲めるサプリ!副作用と解決法のまとめ

アトピーはチーズなど乳製品を食べると悪化?

アトピーはチーズなど乳製品を食べると悪化?

あなたは、アトピー性皮膚炎を持っている人が乳製品を食べると悪化する、なんて話を聞いたことがありますか?

この話は事実で、多くのアトピー患者の方に当てはまることなのです。

ではなぜ悪化してしまうのかということを、体内の環境や食物の成分について触れながら考えていきましょう。

−なぜ悪化してしまうのか?乳製品は一切ダメ?−

アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹が主な症状の皮膚の病気です。

この痒みというのは、外的な要因であるハウスダストや紫外線による痒みや炎症といったものの他にも、体内の環境でも左右され引き起こされることがあります。

その体内に入ってきた時にアトピーの症状を引き起こすとされている、ガゼインというタンパク質を多く含んだ食品が、乳製品なのです。

しかしガゼインが悪いと一概には言えず、詳しくはガゼインに含まれる「α-casein(アルファ カゼイン)」という成分が原因となっているのです。

ではすべての乳製品がアトピー患者にとってダメなのか?

いえ、そんなことはなく、アトピーの方でも口にできる乳製品があります。

それはヨーグルトです。

ヨーグルトは乳製品でありながら、アトピー患者には食べることが推奨されている食品です。

アトピーなどの症状の発症には、免疫力が関係していると言われます。

その免疫力に影響してくるのが、腸内環境なのです。

ヨーグルトにはその腸内環境を整えてくれる、乳酸菌が多く含まれています。

また、アトピーには免疫力を高めるオリゴ糖というものも含まれているので、免疫力増加によるアトピー症状の鎮静化が期待できます。

そのため、ヨーグルトは先ほど紹介したガゼインが含まれているにもかかわらず、食べることを推奨されているわけです。

つまり、乳酸菌≠乳製品ということです。

−他には何を食べればいいの?−

ヨーグルト以外にも、アトピーに効く食材というのはたくさんあります!

特に日本人の方にオススメしたい食材があります。

それは魚介類と海藻類です。

魚には、EPAとDHAが多く含まれています。

EPAは血液を健康にし、DHAは頭を健康にすると言われています。

これはアトピーにも有効であり、血液の状態が健康になることが重要です。

これら二つを含む主な魚はサバやマダイ、マグロといった魚です。

これらの魚を生魚で食べるのが一番良いでしょう。

次に海藻類です。

海藻類と言っても、特に昆布、わかめ、のり、ひじきが良いとされています。

海藻はミネラルの宝庫と言われており、カルシウム、マグネシウム、ヨウ素が豊富に含まれています。

日本の伝統的な朝ごはんの一品であるお味噌汁にも、わかめが入っていたりしますし、日本人の方なら食べる機会には困らないのではないでしょうか。

また、海藻類の栄養素を分解吸収できるのは、日本人だけなのです。

これは、日本人の腸内にしかいない細菌がいるからです。

そのため、日本人のアトピー患者の方にはなお、海藻類を食べることが推奨できるのです。

−まとめ−

いかがでしたか?

アトピーに対する重要なことは、腸内環境を含む体内の環境を整えることと、免疫力を上げることに尽きます。

上記で述べた食材を摂って、健康な体内環境と高い免疫力を手に入れましょう!

◆食材だけでなく、サプリメントも飲んで積極的に体質改善したいときは、アトケアプロを飲むといいです。

アトピーのかゆみを軽減!と口コミ評価が高く人気のプロポリスエキスを豊富に含むからです。
アトケアプロの口コミ!アトピー改善効果は本当?

純度100%のオーガニックプロポリス配合なのも日本製なのも安心できます。
アレルゲンも無添加です。

アトピーでかゆくて悩む子供から大人まで安心して飲めるサプリがアトケアプロです。

試してみてください。
公式サイト↓
アトケアプロ

u

 

タグ :  

アトケアプロ

この記事に関連する記事一覧