青の花茶はアトピーでも飲んで大丈夫?

青の花茶は1日1杯飲むだけで無理なくスリムボディを目指すノンカロリーでノンシュガー、ノンカフェインのハーブティです。

ダイエット中で甘い物がやめられない方、若い頃より太りやすくなった方、色々なダイエット方法を試したけど続かない方、いますよね?

また頑張っているのに思うように体重が減らない方、好きな人から太った?と言われた方、今まで着られていた服が入らない、そんな方におすすめしたいのが青の花茶なんです。

ストレスはダイエットが成功しない1番の原因だと言われています。

ストレスが大きいと食べる量が増えていなくても太ってしまうんだそうです。

そんなダイエットでストレスを抱えやすい女性の為に開発されたのが青の花茶です。

いま美容業界で話題の「バタフライピー」というものをご存知でしょうか?

「バタフライピー」は美容大国タイでは昔から愛飲されているハーブなのです。

バタフライピーはタイ語でアンチャンと呼ばれており、ポピュラーなハーブで女性を虜にする効果があるそうです。

青の花茶はこのバタフライピーをブレンドしているんです。

ほとんど食事を減らすことなくダイエットできると口コミでも評判になっているんですよ。

青の花茶の口コミ評価!バタフライピー(アンチャン)でダイエットできる噂は本当?

しかもかなり甘みを感じるので、甘い物の代わりに飲めて満足感があります。

青の花茶は、透き通って紫がかった青い色をしていますが、天然の色素のものなので、着色料は一切使っていません。

東南アジア原産のマメ科の植物で、インドのアーユルヴェーダでも美と髪に効くハーブとして古くから使われており、甘さがなく、ポリフェノールの一種であるアントシアニンがたっぷり含まれています。

ブルーベリーの約4.2倍でブルーベリーよりも安定性に優れており、酸化しにくいのです。

青の花茶はこのバタフライピーに4種類のハーブ、甜茶・アマチャヅル・ラフマ・メグスリノキをオリジナルブレンドしていて、ダイエッターサポート効果がプラスしているんです。

甜茶が配合されているのがポイントで、甜茶には砂糖の75倍から100倍もの甘さがあるんです。

しかもその甘味成分は身体には蓄えられない特性があり、ダイエット中に摂取しても太りにくいと言われています。

アマチャヅルはカテキンと同様の健康効果をもつサポニンを高麗人参よりも多い70種類以上も含有されています。

ラフマはダイエット中のモヤモヤを緩和し、ポリフェノールの一種のフラボノイドも多く含まれています。

メグスリノキは日本にだけ生息する珍しい植物で、樹皮、幹、葉に様々な健康成分を含有している事が確認されています。

青の花茶はレモンやライムなどに含まれるクエン酸に反応して、オリエンタルブルーから鮮やかなパープルに一瞬で変化します。

アトピーの方でも飲めますが、まれに身体に合わない場合もあり、体質や体調によって、かゆみや発疹、胃腸の不快感などか生じる事があるので、その場合は使用を中止し、かかりつけ医に相談してみて下さい。

成分に関しては公式サイトにも詳しく載っていますので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

公式サイト⇩
4465

rU