アトピーにトマトはNGって本当?その理由とは?

夏バテ対策にも選ばれる夏野菜のトマトは美容効果も高く女性に人気ですが、アトピーにはNGだと言われています。

今回はアトピーにトマトがNGといわれる理由を詳しく紹介します。

【アトピーにトマトがNGの理由とは?】

□アトピーを悪化させる化学成分

すべての食品に科学成分が含まれていて、中にはアトピーを悪化させてしまう科学成分もあるのです。

この食品に含まれる化学成分は、農薬や食品添加物の影響ではなく食品そのものが持って生まれた成分です。

アトピー悪化に繋がるといわれる化学成分がトマトに含まれる「ヒスタミン」と「チラニン」、「レクチン」と「エンドトキン」です。

もちろんトマト以外の食品にも多く含まれています。

トマトは他の食品に比べて悪化させる化学物質がいくつも入っているため、アトピーにはNGと言われています。

【痒みを悪化させる化学物質】

□ヒスタミン

ヒスタミンはトマトの他に、野菜や魚介に多く含まれる化学物質です。

卵に含まれる食物アレルギーは加熱することで軽減できますが、ヒスタミンは加熱をしてもなくなりません。

アレルギー症状を抑える内服薬として抗ヒスタミン剤が処方されますが、食品からヒスタミンをとってしまうとアトピー症状はいつまでも良くなりません。

ヒスタミンの他に、トマトに含まれる「レクチン」「エンドトキシン」はこれからヒスタミンへと変化する予備軍です。

□チラニン

チラニンはトマトの他にチョコやワインに多く含まれ、血管を拡張することで痒みを悪化させる化学物質です。

このようにトマトには痒みを悪化させる代表格のヒスタミンと予備軍、吐き気や頭痛の原因にもなるチラニンが含まれているのです。

【アトピーを悪化させない食品との関わり方】

□自分に合わない食品を把握しよう!

トマト以外にもアトピーを悪化させる食品は多く存在します。

この食品がだめ、この食品は大丈夫だと意識し過ぎると食べられる食品が限られてしまします。

それだけ多くの食品に痒みを悪化させる化学物質が含まれているのです。

まずはどの食品で強い症状が出るのかをしっかり把握してあげましょう。

食品によって強く症状が出るものや食べても軽い症状で済むもの、たまに食べる程度なら問題にならないものがあります。

トマトは痒みを増す化学物質が多すぎるので、トマトを使った加熱料理も控えた方が安心です。

それ以外にも症状を悪化させる食品だけは絶対に食べないように注意しましょう。

なにがアトピーに悪いのか知っておくだけでも充分症状を改善できるので、今回紹介したトマトも参考にしてください。

◆いろいろ注意してもアトピーのかゆみが軽減しないときは、口コミ評価が高く人気のプロポリスエキスを豊富に含むアトケアプロを飲んでみてください。

純度100%のオーガニックプロポリス配合なのも日本製なのも安心できます。
アレルゲンも無添加です。
アトケアプロの口コミ!アトピー改善効果は本当?

アトピーでかゆくて悩む子供から大人まで安心して飲めるサプリがアトケアプロです。

飲んでみてくださいね。

公式サイト↓
アトケアプロ

u