ベビー乳酸菌はアトピーでも飲んで大丈夫?

アトピー性皮膚炎は、20年前と比較しても急増傾向にあります。

アトピー性皮膚炎の患者が急増している理由として挙げられているのは、昔と比較してアレルギー物質が増えたからというだけではなく、食生活が欧米化されてきてしまったり、免疫力が低下してきているからだとも言われています。

そもそもアトピー性皮膚炎とは、私たちの体にもともと備わっている免疫機能が正常に働かないことにより発生する状態だと言われています。

通常私たちの体の免疫機能は、ばい菌やウィルスなどが侵入してきた時にそれを阻止しようと攻撃を始めます。

しかしアトピー性皮膚炎の場合には、この阻止しようと攻撃する抗体が過剰に分泌されることにより、アレルギー症状を引き起こすと言われているのです。

そもそもアトピーとは、「奇妙な」と言う意味合いがあることから、通常の人間の仕組みを考えると奇妙な事態が起きることにより引き起こされる皮膚疾患なのかもしれません。

アトピー性皮膚炎の症状を少しでも緩和するために病院ではステロイドが一般的に処方されています。

ステロイドは副腎皮質ホルモンと呼ばれており、アレルギー症状を一時的に緩和する効果が期待できます。

しかしステロイドで症状を緩和することができても、それによってアトピー性皮膚炎を治すことができないため、アトピー性皮膚炎の症状を改善するためには自身が持つ免疫力を高める必要があります。

そこで今注目されているのが、乳酸菌とアトピー性皮膚炎の関係性です。

乳酸菌やビフィズス菌はアトピー性皮膚炎を改善サポートすると言われており、腸内環境を整えることにより免疫力を高め、アレルギーの発症を防ぐことができるとも言われているのです。

では、動物由来でも植物由来でもないヒト由来の乳酸菌を使ったベビー乳酸菌は、アトピー体質の方にも効果を発揮してくれるのでしょうか。

一般的にアトピー性皮膚炎の人は乳製品がアレルギーとなってしまうこともあります。

そのため乳酸菌やビフィズス菌がアトピー性皮膚炎に効果的だとしても、取り入れる際には注意が必要となるケースも十分にあり得るのです。

ベビー乳酸菌には、アレルゲンとされている小麦、乳、大豆といったアレルギー物質を一切含まない素材で培養されているため、乳製品に対してアレルギーを持っている方でも安心して取り入れることができる乳酸菌サプリメントになっています。

また、ヒト由来の乳酸菌クリスパタス菌は、免疫力向上のサポートに効果的な乳酸菌となっています。

もともとクリスパタス菌は、女性の身体に存在する乳酸菌で、産道を通って生まれてくる赤ちゃんの免疫力を高めるのにも効果的なことが判明しています。

そのため、日常的にベビー乳酸菌を体内に取り入れることにより、アトピー性皮膚炎の根本的なケアにも効果を発揮してくれるかもしれません。
ベビー乳酸菌の口コミ効果!他との違いは?
さらにビフィズス菌やオリゴ糖、食物繊維も豊富に配合していることから、相乗効果でより高い効果を望むことができます。

アトピー性皮膚炎の方にも役立つベビー乳酸菌
まずは気軽に体験してみてくださいね。

公式サイト↓
ベビー乳酸菌 春が好き

us