エクササイズコーヒーはアトピーで太り気味の人も飲んで大丈夫?

習慣的に毎日コーヒーを飲んでいる方はとても多いですよね。

コーヒーを飲むことで頭がすっきりとしたり、幸せな気持ちになったりする方がたくさんいると思います。

私も小さい頃からコーヒー牛乳が大好きで、給食がコーヒー牛乳の日はとてもうれしかったことを覚えています。

大人になってからは、日常的にコーヒーやカフェオレを好む傾向がありましたが、実は子供の頃から「コーヒーは飲むのやめなさい」と言われてきました。

その大きな理由は、私がアトピー性皮膚炎だからです。

赤ちゃんの時からアトピー性皮膚炎をもっている私にとって、刺激物となるカフェインが大量に含まれているコーヒーは、体に良くないと言われてきました。

なぜカフェインがアトピー性皮膚炎に悪い影響をもたらすのか。

その理由は様々なものがありますが、第一に交感神経が活発になり、かゆみが増すというもの。

そしてもう一つは、カフェインの利尿作用により、ビタミンを効率よく摂取することができなくなるからです。

コラーゲンの生成に欠かせないとも言われているビタミンCですが、ビタミンCは水溶性となっています。

そのため、体に取り入れても排出されやすいことから、利尿作用の強いカフェインを取り入れることで、体にビタミンを取り込みにくくしてしまいます。

このようなことを考えても、アトピー性皮膚炎にコーヒーは不向きだということがわかりますよね。

では、今若い女性から大注目を集めているエクササイズコーヒーは、アトピー性皮膚炎の方にとって良くないものなのでしょうか。

そもそもエクササイズコーヒーとは、日常的に取り入れることで、ダイエット生活をアシストしてくれる健康補助食品です。

エクササイズコーヒーに含まれているクロロゲン酸はポリフェノールの1種で、食べたものや余分なものの両方にアプローチしてくれます。

そのため、クロロゲン酸はダイエットをがんばっている女性にとって大注目の成分となっています。

さらにエクササイズコーヒーには、焙煎豆の10倍以上のクロロゲン酸量を含んでいるため、効率よくクロロゲン酸を取り入れることができるのです。

さらに配合されている成分を見てみると、L-カルニチンや、還元型コエンザイムQ10が配合されています。

もちろんコーヒーになるためカフェインも含まれていました。

ただし、エクササイズコーヒーは1日に何杯も飲むものではありません。

そのため、アトピー性皮膚炎に大きな影響を与えるのかと言うと、さほど問題ないとも言えるでしょう。

また、エクササイズコーヒーをアトピー性皮膚炎の方が取り入れる場合には、他の食品でカフェインを控えるようにすると良いかもしれません。
エクササイズコーヒーの口コミ効果!他のダイエットサプリとの違いは?
カフェインは1回の摂取量よりも、1日分の摂取量で考える方が良いため、エクササイズコーヒー以外の食品のカフェインを控えることで過剰摂取を抑えることができますよ。

⇩⇩お得なコースがある公式サイトはこちら


rU