えぞ式すーすー茶はアトピーでも飲んで大丈夫?

−えぞ式すーすー茶はアトピーでも飲んで大丈夫?−

あなたは、「えぞ式すーすー茶」はご存知ですか?

北の快適工房が作っている健康茶であり、多くを方に愛飲されています。

今回は、このお茶はアトピーを持っている人でも飲んで大丈夫なのか?

アレルギー症状には問題ないのか?

「えぞ式すーすー茶」の成分について詳しく触れながら、考えていきましょう。

−健康茶ってどんなお茶なの?アトピーにはどんな効果が起こる?−

「えぞ式すーすー茶」には、主にバラ科の甜茶、クマザサ、赤紫蘇の3つが使われていて、これらは古くから健康に良いとされているため、健康茶という位置付けになっています。

これらの中で、甜茶と赤紫蘇はアトピーに有効な効果を発揮するものと言われています。

まず痒みとは、ヒスタミンという物質が発生して起こる症状です。

甜茶には、このヒスタミンの発生を抑える効果を持つポリフェノールが多く含まれています。

特に「えぞ式すーすー茶」に使われているバラ科の甜茶は、ユキノシタ科、アカネ科、ブナ科といった他の種の甜茶には無い、アトピーに有効とされているポリフェノールが含まれています。

次に赤紫蘇ですが、赤紫蘇に含まれる「αリノレン酸」、ルテリオン、ロスマリン酸の3つは、アトピーに有効と言われています。

「αリノレン酸」は、体内でEPA、DHAという物質に変化し、アトピー症状の抑制だけでなく、体質改善にも大きい貢献が期待できる物質です。

ルテリオンは紫蘇特有のもので、免疫が過剰に働くのを抑えて、アトピー体質を改善する効果が高いと期待されています。

ロスマリン酸は、ヒスタミンを抑制する働きを持つため、アトピーには有効と言われています。

「えぞ式すーすー茶」には、アトピーに有効とされているこれらの茶葉が含まれているため、アトピーの方が飲んでも全く問題はないと言えます。

−まとめ−

「えぞ式すーすー茶」は、体調体質の改善に良いとされている茶葉が多く配合されています。

その中でも甜茶、赤紫蘇は、主なアトピー症状である痒みを引き起こす原因とされている、ヒスタミンの発生、増加を抑制し、症状を抑える効果があることが期待されている物質が多く含まれています。

そのため、アトピーを持っている方が飲んでも害はなく、むしろアトピーが改善する可能性が期待できる商品です。
えぞ式すーすー茶の効果は?
「えぞ式すーすー茶」は、あなたのアトピーを改善してくれるかもしれません。

ぜひ、飲んでみてはいかがでしょうか?

公式サイト↓
えぞ式すーすー茶

us